冷凍食品を食べていくブログ

炒めタッカルビ飯:ニチレイ

製品情報

パッケージ表

パッケージ裏

製品名:炒めタッカルビ飯

内容量:430g

メーカー:ニチレイ

カロリー:100g当たり 198kcal

この商品のアレルギー表記は以下の画像であわせてご確認ください。

商品ポイント

★ 韓国料理の〆の一品

★ 甘辛い韓国味噌の濃厚な旨味と味わい

★ チーズをのせてさらにおいしく!

調理方法

袋を開けた瞬間からコチュジャンの香りがします。

とりあえず、半分(約215g)をお皿に移しました。

冷凍した状態でも、色々な具が入っていることが確認できます。

ケチャップライスのようにも見えます。

調理法はお皿に平に盛って、電子レンジで温めます。(ラップはかけない)

温める時間は以下の通り

1袋

 500W で 約8分20秒
 600W で 約6分50秒

1/2袋

 500W で 約4分10秒
 600W で 約3分40秒

コチュジャンの香りが強くなり、美味しそうにできました。

その他、フライパンでの炒めての調理も可能です。

食べた感想

名称:米飯類

コチュジャンの香りがしっかりします。

具材は「じゃがいも」、「ねぎ」、「きくらげ」などです。

「タッカルビ飯」ですので、鶏肉が具材のメイン。

赤茶色のご飯に、じゃがいもの「白」とねぎの「緑」の色合いが映えています。

特に、じゃがいもは大きめのブロック状にカットされていますので、存在感があります。

鶏肉は、小さいサイズにカットされていますが、結構量が入っています。

食べてみると、じわっとくる辛さ。

その後に、味噌の旨味を感じます。

見た目の色味ほど辛さはありませんが、そこそこの辛みは感じます。

ご飯は、ふっくらして柔らかく仕上がっています。べたつき感等は一切ありません。

商品名にある「炒め」の香ばしさは弱めです。

「きくらげ」のコリッとした食感と、「ねぎ」のシャキッとした食感が、良いアクセントになっています。

「鶏肉」にもしっかりと味が染みていました。

辛味はありますが、その後の旨味を十分に感じることのできる商品でした。

「韓国のり」や「とろけるチーズ」、「キムチ」等を添えて食べると、良さそうです。

この商品はフライパンで炒めて調理し、香ばしさを出すと、より美味しくなるのではないかと思いました。

食品表示

▼ 画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。

メーカーリンク

▼ ニチレイ

モバイルバージョンを終了